ここまでのシーズンで輝いている選手を1人挙げろと言われれば、DeNAの筒香嘉智外野手だろうか。今後、チームが勝たなければ意味がないが、ここまでは覚醒を予感させる成績を残している。去年の春季キャンプで打撃練習を見たときから「スウィングの軌道も良い。始動さえ早くすれば、打てるようになる」と感じていた。それが昨シーズン、試合に出場する中で解消されていったのだろう。今は甘いところにボールが行ったら、スタンドまで持っていく雰囲気を打席で感じる。相手からすれば、全体的に怖いバッターになってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。