1873(明治6)年、欧米視察から帰国した岩倉具視が紹介し、その後も伊藤博文や佐藤栄作など、時代の名士たちによって飲み継がれてきたスコッチウイスキー。それが、オールドパーだ。日本にスコッチを楽しむ文化が根付いたのは、この銘酒があったからこそだろう。そのオールドパーに、新たなラインアップが誕生した。7月に発売した「オールドパー シルバー」だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。