中高生など若い世代を対象にしているのに、大人にこそ読み、学んでほしい著作があります。「これは深い!!」とうなったのが、『10代からの情報キャッチボール入門』。大人たちの上っ面な納得気分を吹き飛ばします。ジャーナリストである著者について、ある地方議員がブログに感想をつづります。しかし、そこには著者が社会事件に関わっていたかのような誤報が書き込まれていました。著者は、誤報がどのようにネットで拡散したかを丹念に調べる一方、そこから浮かび上がるネット時代のパーソナルメディアが抱えるリスクを分かりやすく解説します。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。