米国で誕生したボードゲーム「モノポリー(独占)」。すごろくのようなマス目上の不動産を少しずつ買い占めて多額のレンタル料を徴収し、最終的に他のプレーヤーを全て破産に追い込むゲームだ。世界のデジタル広告市場をこれに例えれば、モバイル時代の王者フェイスブック、それを追うグーグルという、いずれも米国の巨大プラットフォーマーがマス目を占拠し、勝敗を決めつつある風景が浮かび上がる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。