今年は、アルベルト・アインシュタインがベルリンのプロイセン科学アカデミーで、重力の理論である「一般相対性理論」を発表してから100周年の記念の年である。1915年といえば、第1次世界大戦勃発の翌年。そして、この理論が予言する重力レンズ効果が、英国のアーサー・エディントンの観測で確認されたのは、大戦終結の翌年であった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。