「こんなものまであるのね」。そうつぶやきながら、小奇麗なファッションに身を包んだマダムが、2000円以上する松阪牛と、1パック78円の納豆を買い物かごに入れていく。これまで駅前や繁華街を中心に出店してきたドン・キホーテが、新業態の実験場所として選んだのが、東京・白金台の高級住宅街である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。