日本を代表する女性指揮者の西本智実が振る白いタクトが、東京・六本木のサントリーホール全体を支配した。6月22日夜、韓国外務省主催の「韓日・日韓国交正常化50周年記念コンサート」で、かろうじて「友好」を維持したとげとげしい日韓関係が嘘のように一体化した。しかし、舞台に向かって右側2階のVIP専用席には空席が目立った。高円宮妃久子さまをはじめ森喜朗、鳩山由紀夫の首相経験者夫妻、公明党代表の山口那津男夫妻らの顔が見えたが、首相の安倍晋三をはじめ政府与党中枢の列席はなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。