財政健全化計画を議論する上で、税収弾性値が争点の一つになっている。税収弾性値とは、名目GDPが1%増えたときに、税収が何パーセント増えるのかを表したものである。財政健全化計画の重要な前提値の一つであり、「平成27年度予算の後年度歳出・歳入への影響試算」では1.1と設定されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。