5月25日午前7時7分、東京・北青山にある伊藤忠商事本社ビルの地下駐車場。1台の黒塗りのベンツが滑り込み、後部座席からスーツの上着を手にした1人の男が降り立った。異能の社長、岡藤正広──。2010年4月に社長に就任するや否や朝型勤務や会議削減など型破りな社内改革を矢継ぎ早に打ち出し、伊藤忠の常識を変えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。