ロシア経済は、欧米等による経済制裁、原油安や海外への資本流出加速に伴うルーブル安などを背景に、今年初にかけて大幅に悪化した。1~3月期の実質GDP成長率は前年比▲1.9%と、2009年10~12月期以来のマイナス成長となった。また、月次の実質GDP試算値を見ると、4月の成長率は前年比▲4.2%と、マイナス幅が一段と拡大している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。