そもそも30年度の日本の産業構造や人口構成などは、変数が多過ぎて予測するのが非常に難しいものです。それに伴い、電源構成の最適値というものを判断するのはやはり非常に困難なことでしょう。これには技術革新のスピードが関係します。例えば、高性能な超電導送電システムが開発され、長距離の超電導送電線が実現したら、ロシアのシベリアに設置した大量の原発から送電する、なんてことが可能になるかもしれません。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。