AIJ投資顧問の年金消失事件をきっかけに、企業年金の積立金不足が深刻な問題として意識されるようになった。厚生労働省の調査によると、全部で578ある基金のうち、半数強の314基金で2011年3月期の年間の給付額が掛け金を上回った。4割近い212基金は、企業年金の積み立てがゼロだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。