電機産業が苦境に陥った今、大阪財界が次なる成長産業と期待を寄せるのが、医療・製薬だ。関連企業などが集積する歴史的な地の利を生かし、反転攻勢への狼煙を上げる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。