サイバー攻撃で約125万件にも上る個人の年金情報があっけなく流出した日本年金機構。こうした事態だからこそ機構自ら逐次正確な情報発信を行うべきだが、そのホームページにまで脆弱性が発見されて閉鎖となるなど、混迷の一途をたどっている。今回はこの問題を取り上げてみたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。