商品設計が複雑過ぎてわかりにくいといわれる生命保険。中でも、難解なのが医療保険だ。あまりの複雑さに、生保社員さえ「自社の商品であっても、理解できず、営業の際は巧妙にごまかすときもある」と苦笑いを浮かべるほどだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。