米ボーイングが鳴り物入りでデビューさせた中型航空機の「B787」。ボディや主翼に炭素繊維複合材が採用されたり、電力システムにリチウムイオンバッテリーが搭載されたりと、最新技術を凝縮させたオールニューな航空機との印象が強い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。