侵略された島を奪還するための着上陸作戦を優位に進めるには、制空権と制海権の確保が重要です。敵の飛行機を近寄らせないために航空自衛隊が働かなくてはならないし、敵の軍艦や潜水艦が侵入しないように、また味方の輸送艦を守るために海上自衛隊のイージス艦や潜水艦も出動しなくてはなりません。要は、陸海空の装備を総合的に組み合わせて防衛するという意味です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。