政府が2020年度までの財政の赤字脱却を目指す「財政健全化計画」が、今月末に閣議決定を予定する経済財政運営の指針「骨太の方針2015」に盛り込まれる。その歳出抑制の具体策の目玉、ジェネリック(後発医薬品)の普及拡大が、物議を醸している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。