高速鉄道建設をめぐるアジアでの動きが活発化している。筆者がバンコク滞在中の5月27日、タイと日本の両政府が東京で覚書を取り交わした。バンコク~チェンマイ間を結ぶ全長670キロメートルの高速鉄道に、日本の新幹線方式を採用することに基本合意したのだ。昨年までは中国優勢との情報が専らだったので、日本が巻き返したことになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。