「その時々で経営者は最善を尽くしたと思うが、一貫した戦略でやっていれば、ここまで長引かなかった」 10年連続で赤字が続いたテレビ事業について、ソニーの完全子会社、ソニービジュアルプロダクツの高木一郎社長はそう総括する。ソニーは2014年7月、不振のテレビ事業を分社化。「(販売)規模を追わない」(平井一夫CEO)という戦略に方針を転換し、直販店の整理・統合をはじめ、固定費の削減を徹底して進めてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。