4月28日、ホテルニューオータニの大宴会場で開かれた日本建設業連合会の総会後のパーティは、会場を埋め尽くす建設業界関係者の熱気に包まれていてにぎやかでした。近くにいた“建設族のドン”こと二階俊博・自民党総務会長に「すごく盛況ですね」と声を掛けると「そらあ、当たり前や。何年か前はこんなんやなかったけどな」との答え。「コンクリートから人へ」の民主党から政権を取り戻し、「国土強靭化」を掲げて建設業の活況を実現した立役者の言葉は、自信に満ち溢れていました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。