「入札は不調だった。先方の予算に合わなかったということだ」(大手ゼネコン関係者)──。総工費5兆5235億円。東海旅客鉄道(JR東海)が威信を懸けて取り組む超弩級プロジェクト、リニア中央新幹線計画。その第1弾、東京側のターミナル駅となるリニア品川駅の建設工事の入札がこのほど行われた。スーパーゼネコンを含む複数社が応札したもようだが、結果は関係者の言葉通り、不調となった。JR東海の予定価格よりも、札を入れた全社の提示した価格が上回ったというわけだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。