昨今、いろいろな分野において“仕事のデジタル化”がすさまじい勢いで進行している。本書は、すでに多くの研究が始められている仕事のデジタル化現象に関して、熟練、記憶、倫理、文化、人生の意味など広範な側面から考えるヒントを提供してくれる。もともと、オートメーションの設計者は、人間が非効率的でミスをしがちであることから、人間によるプロセスへの関与を極力減らして、人間の負担を減らすことを目指した。人間をルーティンワークから解放することにより、人間がより高次の知的活動に従事することを可能にすると考えられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。