新会社の安藤ハザマが発足して3期目に入りました。結論から言うと、旧ハザマと旧安藤建設の組み合わせは非常に良かったと思います。企業の合併には、持ち株会社方式などさまざまな手段がありますが、合併後に確実に成果を出すべく、私たちは経営統合(一体型)という道を選びました。それは正解でした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。