日本設計 全国初の分譲マンション一体型区庁舎「としまエコミューゼタウン」 外観デザインの監修を隈研吾氏、ランドスケープデザインをランドスケープ・プラスが担当した。1階の一部と3~9階が区役所、1階の一部と2階が商業エリア、11~49階の住宅部分を「Brillia Tower 池袋」として東京建物と首都圏不燃建築公社が販売。全国初の分譲マンション一体型の区庁舎として有名だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。