北陸の人々が待ちに待った北陸新幹線が開業した今年3月。そのJR富山駅に隣接する富山市の名物、路面電車の小さな停留所で、東京都交通局も関心を寄せる一つの試みが始まった。新工法による軌道の緑化事業だ。この富山駅と富山湾を南北につなぐ「富山ライトレール」で用いられたのは、地場ゼネコン、トーケン(石川県)の緑化ユニット。関連会社、小松精練が新開発したセラミックス基板を使うことで、保水性と排水性を両立し、メンテナンスも容易になるという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。