「いよいよ、復興バブルの“後”を真剣に考え始めないといけない時期が来た……」。東北地方のあるゼネコン業界関係者は、深刻な面持ちでそう語る。東日本大震災から4年。復興工事を目当てに全国からゼネコンが東北に結集し、復興バブルの様相を呈していたが、それも終わりを告げようとしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。