「オリンピックや災害復興などに予算を取られるのではないか」(道内の建設業者)。公共工事の先行きを心配する声が聞こえてくる。近年の北海道の開発事業費は補正予算に支えられてきた。2013年度のそれは6216億円だったが、これに前年度補正予算(翌年度繰り越し分)を合わせると9100億円強に達した。14年度も13年度ほどではないが、1300億円近い前年度補正予算が後押ししている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。