「大阪の中堅どころはみんな、東京に仕事取りに行っとるで」。ある中堅ゼネコン首脳はこう言い放つ。それはそうだろう。JR大阪駅と私鉄のターミナル駅である梅田駅の北側に位置する、通称「うめきた」の開発や、近畿日本鉄道のお膝元、阿倍野駅に立つ高さ300メートルの超高層ビル「あべのハルカス」など大阪を代表する大規模開発は、一通りの終焉を迎えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。