明治時代以来、日本の造船業は、性能に優れた船舶を建造し、それらを海運業に供給することを通じて、貿易国家・日本の発展を支えてきた。日本は、第2次世界大戦で壊滅的な被害を受けたが、戦後の復興と、その後の高度経済成長期を引っ張ってきたのは海運業と造船業だったという自負がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。