オシーン・マッギャン『ラットランナーズ』(中原尚哉訳)は創元SF文庫の一冊で、近未来のロンドンを舞台にしているが、帯に「都市冒険SF」とあるように、裏社会を生きる4人の少年少女たちの冒険を描く長編なので、当欄で紹介してもいいだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。