現在、既得権益を得ている人たちにとっては「現状維持」がベストの選択肢ですから、全体の最適化や将来のベネフィットがどうなろうが、そんなことにはお構いなしに都構想反対に回ったのでしょう。さらに、反対派は、住民投票において判断力があまりない層を狙ってキャンペーンを展開しました。自民党と共産党の議員が同じ街宣車に乗って演説しているのが、まさにそれを象徴していました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。