「もっといい車を造る」。豊田章男社長が繰り返し述べる言葉の真意は、生産側の都合やモデルごとの個別開発から脱し、多様な車を造るために全体最適を目指す「構造改革」の断行だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。