「大阪都構想」の賛否を問う大阪市の住民投票は反対が過半数を占め、大阪都の実現に政治生命を懸けていた橋下徹大阪市長(維新の党最高顧問)が政界引退を表明した。それに連座して維新の党の江田憲司代表も辞任に追い込まれ、急きょ松野頼久幹事長が新代表に就任した。しかし橋下氏という「看板」を失った同党の前途は険しく、野党再編の草刈り場となって分裂の危機に直面する可能性が高い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。