第2次高度化法対応のために精製能力削減が必要だといわれるが、われわれは最初に需要が減退する環境で強い昭和シェル石油であるために精製能力がどうあるべきかを考え、その対応をしていく中で結果的に法律に対応できるという考え方だ。法律では強い石油業界になるために再編も考えてくださいと言っているが、くっつくことが目的ではないはずだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。