人口減に低燃費車の普及でガソリンなどの石油製品需要は右肩下がりになって久しい。ところが、危機感が乏しい石油元売り業界は、精製設備削減になかなか踏み切らず、経済産業省に尻をたたかれても動かない。いつになったら腰を上げるのか。そんな動かない業界各社の思惑を探り、再編シナリオを描き出した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。