アメリカの経済成長率は、先進国の中ではずばぬけて高い。この結果、前回見たように、1人当たりGDPで見て、アメリカは日本より5割程度豊かな社会になっている。アメリカ経済の成長をけん引しているのは、新しい産業であり、新しい企業である。古くからの伝統的企業が成長しているわけではない。2005~13年の間に、製造業の就業者は15.8%減少した。自動車産業では25.2%もの減少だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。