ディー・エヌ・エー(DeNA)の創業者・南場智子氏によるヒット著作『不格好経営』が“表”であるとするならば、『黒子の流儀』は“舞台裏”の著作。著者は、横浜DeNAベイスターズオーナーを退任したのに続き、6月にはDeNA会長も退任しますが、あたかも「引き継ぎ書」をまとめるかのように、プロ野球参入や「モバゲー」をめぐる公正取引委員会との攻防などを記しています。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。