ドライバーを手にすると飛ばそうとして、アドレス時につい力んでしまう、という人が少なくないと思います。今回はこの「力み」について考えてみましょう。どんなスポーツでも球を遠くに飛ばすには、パワーが不可欠ですよね。脱力状態では飛びません。では、なぜ力むことがいけないのか。それは力を入れ過ぎることで「関節」が硬くなり、体がスムーズに動かなくなるからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。