首相の安倍晋三にとって政権の命運を懸けた訪米が終わり、2015年政局は第2ステージに入った。訪米のハイライトは安倍と米大統領オバマとの日米首脳会談(4月28日)と、日本の首相として初めて行った米議会上下両院合同会議(29日)での演説。成果について政府関係者は異口同音に「百点満点」と語る。確かにオバマの安倍への厚遇ぶりは目を見張るものがあった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。