電機業界の凋落の底流を、「人事」に見た著作が、欠品になるほどの勢いで売れています。まず『ドキュメント パナソニック人事抗争史』。多くの役員OBたちへの取材を通じ、パナソニック(むしろ松下電器と言うべき)の凋落は、創業者・松下幸之助と娘婿である松下正治の確執に起因していると言います。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。