高校時代を過ごしたPL学園では、人が嫌がることにも率先して取り組むということを教えられた。人間としての成長が、野球にも必要な目配り、心配りに通じるという考えだった。気配りといえば、「この人はすごい」と驚いたのが、中日で活躍した立浪和義さんだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。