紅米2に搭載されているメインカメラには、プラスチックで成形された複雑な非球面レンズ5枚がギュッと詰まっている。明るさを示すf値は2.2で、画素数はiPhoneと同じ800万画素のイメージセンサーを採用している。シャオミの人気に火を付けた若者層が好む自撮り写真を楽しめる28mmの広い画角を持ち、人の顔を自動認識するソフトウエアを搭載。毎秒10枚の連写機能や、フルハイビジョンの動画撮影機能も備えており、シャッターチャンスを逃さない必要十分なカメラだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。