原油価格はここ半年間で、およそ5割下落した。この原因は、主に、シェールオイルの増産やサウジアラビアの生産調整放棄によって説明される。今回の原油価格の急落において、生産面の要因が大きい事を疑う理由は見当たらない。しかし、需給バランスのもう一方である需要面の要因も存在する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。