組織改正の検討を始めたのは、次の成長戦略と中期経営計画の骨格を作るための議論がきっかけでした。成長を続けるためには、変えるべきものは絶えず変えていかなきゃいけない。2013年度、14年度と業績は好調ですが、10年後、20年後のさらなる飛躍を目指すためには、このタイミングで組織改正に着手するべきだと。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。