半年ほど前のある金曜日の夜、みずほ銀行の林信秀頭取の元へ1通のメールが届いた。その内容は、平穏だったはずの週末が突如として正念場に変わることを告げていた。450億ドル(当時のレートで約5.2兆円)のつなぎ融資組成の可否を回答せよ──。それが林頭取に舞い込んだミッションだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。