この30年間で売上高が2倍以上、営業利益は3倍以上に成長した総合化学大手の旭化成。その堅調な成長を支えてきたのは、普通の企業には弊害になりかねない会長による“院政経営”だった。ところが今、旭化成はうまく回ってきたはずの院政経営からの卒業を図っている。旭化成は何を目指しているのか。その特異な経営体制に迫った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。