旧態依然とした人事の典型といえば、霞が関の官僚組織。官庁の中の官庁といわれる財務省は、その代表例だ。財務省にはキャリア官僚の選抜試験といえる難関の「国家公務員試験総合職」(旧・国家公務員1種)の合格者のうち、上位成績者が入省する。毎年20人前後が入省して、熾烈な出世争いを繰り広げる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。