新卒の採用活動が本格化する中、人事部の採用担当者らが悲鳴を上げている。発端となったのは、採用ルールの変更による混乱だ。2016年卒業の学生から、採用活動期間が大幅に後ろ倒しされ、かつ短縮化されたことで、慢性的な人手不足に苦しむ中小企業を中心に、「計画した人数通り採用できるか」と不安視する見方が広がっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。