長時間残業や深夜時間帯の1人勤務など、過酷な労働環境が明るみに出た外食大手、ゼンショーホールディングスとワタミ。現場を支えるアルバイトが大量退職した上、新卒学生の獲得もままならず、店舗閉鎖や営業時間の短縮を余儀なくされている。両社共に2015年3月期業績は最終赤字に転落する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。